市役所の内定を辞退する時の断り方はどうすればいい?

せっかく一生懸命勉強して市役所試験に合格しても、内定を辞退したい人もいるでしょう。でもこれは色々理由があるでしょうけど、人として失礼の無いように内定辞退のお断りをしたいものです。上手い方法が無いか気になりますよね。どうすればいいでしょう。

内定の辞退の方法は考えるだけ無駄

内定辞退を伝えるのに失礼の無いようにどうすればいいか。はっきり言って考えるだけ無駄です。悩むだけ損ですよ。事務的に辞退を申し出たらいいだけです。

ひょっとしたら市役所の合格通知に内定の辞退の仕方が書いてあったりするかもしれませんが、イメージとしては採用担当課に電話一本で済むといったレベルです。民間企業のように大学の繋がりとか、先輩後輩の関係を無視できないとかそういうしがらみへの配慮は考えるだけ無駄です。

採用担当課も業務の流れとして機械的に辞退の事務処理をするだけです。辞退したあなたのことを詮索するよりも、欠員をどうするか検討に移るだけです。

ですからさっさと気楽に断っちゃいましょう!

コネを使った人はよく考えよう

ただ、もしコネなどを使って試験を受けて合格してしまったという場合はよく考えないといけませんよね。

syazaiそのコネが実際に効果があったのかどうかはわかりませんが、内定の影響力を発揮した人の立場を台無しにしてしまうことになります。人を裏切ることになるわけですから、そこは人としてどうなのかしっかり考えるべきでしょう。そもそもコネを使ってまで試験を受けたのなら、合格を断るっていうのは単に内定を辞退するよりも気を使う必要があるでしょう。

とりあえず、いずれの場合も早めにどうするかを伝えるのが良いと思います。

市役所の内定を辞退する人はどんな人?

これは私の経験での話ですが、市役所の内定を辞退する人はどんな人がいたのか紹介しておきましょう。

実際に内定を辞退する人はいたのですが、面接試験当日に連絡することも無く欠席する人がいました。まあ、この場合は内定を辞退という意味とは違いますが、辞退の方法はこんな程度のものです。

どんな人が内定を辞退していたのかというと、日本の最高学府と言われてる大学の人でした。地方の市役所を受けること自体が不思議と言っていいでしょう。採用担当者も予め辞退を予想して合格者数を増やしていたようです。

辞退した人には他の公務員試験と併願していた人もいました。私の時の試験では裁判所職員試験を受験していたようで、面接試験の控え室での雑談でそんな話をしていたのです。そちらの職種を目指していて、市役所受験を本番の予行練習にしていたのです。同僚にならなかったわけですから、無事希望の場所に合格して今頃は裁判所に勤務しているということなのでしょう。

まとめ

このように市役所は日程次第では併願する人がいます。合格の辞退をするのは気にせず気楽に断ればいいと述べましたが、市役所側は採用計画をどう満たそうかと苦慮しているのは確かです。早めに連絡を入れてあげることは担当者への優しさかもしれませんね。