通信講座を使うなら市役所対策よりも上のコースを使おう!

市役所試験対策の勉強方法として、通信講座を利用しようと考えている人もいると思います。独学でやるならペースメーカーとしてというより、まとまった教材をこなすことができるので、教材選びに頭を使わなくて良いというメリットがあります。

市販の本はどれを選ぼうが迷ってしまいますからね。

でも市役所対策コースは選ばない方がいいと考えています。

市役所が目標でも、もっと上を目指して勉強すべき

公務員試験対策の通信講座を受講するならば、市役所試験対策講座というようなコースで十分だと考えている人も多いと思います。

確かに試験のレベルとしてはいいと思います。

しかし、個人的にはもっと上のコース、大げさに言えば国家公務員のキャリア向けの対策講座(総合職)で勉強すべきだとも思っています。

ただこれだと、かなりレベルも違いますし試験の範囲も多少ズレてくるところもあると思いますので、国家公務員の一般職や県庁、地方上級といったところを目標にした通信講座を受講すべきです。

これは受験の時に、試験問題に対するアドバンテージを持っておくためです。

もちろん試験問題のレベルは多少上がると思います。でもそれはまったくついていけないというほどのことではありません。

大学受験を経験していた人であるなら、センター試験と志望大学の試験との難易度に差があるのはわかりますよね。別に難関校ではなくても、問題に差があったはずです。

その感覚からすればセンター試験はどちらかというと簡単な問題であったと思います。志望大学受験の勉強をしていた人にとってはセンター試験の問題は自分を圧迫するような印象はなかったですよね。

そういう意味で公務員試験も、上の行政区域の試験対策として勉強すべきだと考えています。

試験範囲の狭い自治体を受験するなら有効

もちろん、無駄な勉強をしても仕方がないです。教養試験しか筆記試験の無い自治体の採用試験もあります。

そういう自治体のみを受験するのであれば、それにあった通信講座を受講すれば問題ないですね。

ただ、そのレベルになると、特に通信講座でなく、大学受験の復習で十分のような気もするのですけどね。

複数の自治体を受験することも念頭に入れておこう!

公務員試験を受験しようとしているあなたは、一つの役所だけ受験するつもりでしょうか?

もしそうなら、そして、もしそれが市役所ということなら、市役所試験対策講座で良いとは思います。

ですが、他の自治体、市役所だけでなく、県庁や国家公務員も試験日程に問題なければ受験すると思うのですがいかがでしょうか?

もし、そいう併願を考えているならば、通信講座は上のレベルのものを受講すべきです。第1志望が市役所であってもです。そうすれば、市役所の試験の時の問題を見た時、とても気楽な気分で受験することができるはずです。

私自身も国家公務員試験の特別職の問題も意識的に見ていました。感想としては「市役所の試験問題って簡単!」というものでしたよ。