議員による公務員へのパワハラはあるの?

公務員は議員からのパワハラのようなものは受けることがあるのだろうか?そんなことを考えてる公務員志望者もいると思うのですが、こんなニュースが話題になっていますね。

南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報問題をめぐり、追及を強める民進党に身内の失態が判明した。稲田朋美防衛相が21日の記者会見で、民進党の後藤祐一衆院議員が防衛省の30代の女性職員に威圧的な言動をしたとして抗議したことを明らかにした。後藤氏も同日、会見を開いて事実関係を認めた上で防衛省に謝罪したと説明したが、稲田氏の辞任を要求している民進党にとって痛手になりそうだ。

出典:産経ニュース 「人事評価下げてやる」「お前をクビにできる」…後藤祐一衆院議員、防衛省女性官僚に威圧的な言動連発

どうも説明に出向いた女性官僚に対して、「人事評価を下げてやる」「お前をクビにできる」などと高圧的な態度で大声を張り上げていたようです。

まあ多少の大声を張り上げるくらいはまだあってもいいでしょう。議論のやりとりで必然性があるのであればですが。

ですが、人事評価まで口にするのはパワハラと言われても仕方ない。他のテレビ報道での言い訳がどうしようもない。国民の知る権利の過程だというような発言をしていましたね。

こういう感覚はおかしい。警察の取り調べで可視化が議論されたりしていますが、それは不当な取り調べが行われないようにということですよね。これと同じ理屈でしょう。国民の知る権利を盾に、どんなことでもしていいとう発想でしかないわけですよ、この議員は。不当な取り調べは構わないということに等しい。

これが日本の国会議員のレベルなんですね。

私の経験した議員によるパワハラ?

市議会議員も同じです。私も訳も分からないままある市議会議員(H議員)に怒鳴られたことがありますよ。パワハラとは違うのかもしれませんが、何年も経った今でも納得はしていません。

H議員はある事業の問い合わせのために私の所属する部署にやってきました。H議員がやってきて質問し始めたと同時に外線電話が鳴ったので、私は電話の対応を始めました。もちろん市民からの問い合わせの電話です。

その間、上司がH議員の対応をしていましたが、その上司では詳細を答えることができる内容ではなかったため、私の電話が終わるのを待つことに。

電話が終わった後、上司が私に「どうなのかな?」と主語も無く、どんなテーマなのか分からない質問をしてきたので、私は「は?」っというキョトンとした表情にならざるを得ません。こういう時はそれなりに内容のわかる質問をして欲しいものです。

「な、な、何がですかね?」

訳のわからない私がそう答えると、そばにいたH議員はいきなり怒鳴り始めます。

「何だそれは!ちょっとこっちに来い!ここに座れ!」

どんなことを言われたか全くもう覚えていませんが、この民進党議員と同じような状況でしたよ。マジで怒鳴ってました。こちらの虫の居所が悪かったなら怒鳴り返していたところでもあります。その辺は大人の判断をしてしまったのかもしれません。

話を流すように「はい、はい」と対応。

で、何か便宜を図るような処理をした記憶がありますね。もちろん、何も違反しない範囲で。正確には便宜を図ったようなフリをした対応です。いや、思い返せば、上司の命令で多少何かをいじったような気もします。

理不尽なやりとりはどこの公務員も経験していることでしょう。

防衛省と私のいた市役所の部署との違い

この防衛省の件、私は立派な役所だなと思いました。なぜなら、しっかり不当な発言があったことに抗議をしているからです。この女性官僚は確かにひどい目にあったとは思いますが、こういう抗議をしてくた省の動きにはなにがしかの安心感も得られたのでは無いでしょうか。

私のいた市役所の当時の部署は、議員が私に怒鳴ってる間は側で見ているだけ。問題が終わった後に労いらしき言葉はかけるものの、議員は他のことで機嫌も悪かったからああなったんだろうとか言う訳です。別に抗議をするわけでもなし。H議員は人事に私の態度がなっとらんとか報告するわけですよ。

訳がわかりませんね。

こう言う時、部下が特に落ち度も無いのに不当な批判にさらされているならしっかり上司が守ってくれる組織で無いとダメですよね。これは公務員に限らないことですが。

公務員を志望するみなさんは、議員に不当に振り回されることがあるということだけは覚えておいてくださいね。